知れば活用できる・セクシーになれる男女のHなあるあるネタをまとめます。

H・SEXあるある

■おとなしい人だと思っていたのに、Hの時激しかったりする

■ラブホテルのロビーで他のカップルとかち合うと、相手同士を品定めする。

■異様に喘ぎ声がデカイ人がいる

■乳を揉んでるつもりが腹を揉んでたことがある

■『おかしくなっちゃう』って言うと、おかしくなれよ。が返ってくるのが定番

■大事な時に限って蚊が寄ってくる

■男子がいくら頑張ったところで、電マには勝てない

■アナルセックスには興味があるがあと一歩が踏み出せない。

社会のHな雑学

■○HKでは「本腰を入れる」はNGキーワードになる

■「〇ップヌードル」の「ド」が小さく表示されているのは「ヌード」と間違えられないようにするため

■マメな旦那は必ずといっていいほど浮気をする可能性が高い。予防する方法はないらしい。

■ブラジャーのホックは、A~Dまでは2つ、Eから3つになる。

■スポイトのつまむ部分の名前は「乳首」

■下着泥棒は日本独特の文化である

■ニュース等で聞く「猥褻な行為」と「淫らな行為」には明確な違いがある。わいせつな行為は「性交(挿入)がない場合」、みだらな行為は「性交があった場合」を指す。

男女のHな雑学

■女性は男性より視点の移動が激しく、男性は初対面でくまなく分析されている。

■男は理性で好きになって感情で嫌いになり、女性は感情で好きになって理性で嫌いになる。

■アルコールを頻繁に飲む男は、巨乳好き。アルコールをあんまり飲まない男は貧乳好き。

■ディープキスをするときに、相手の両耳を手で塞いでキスをすると頭の中でエロい音が響いて相手をより一層エロい気分にさせられる。

■女性がセックスの時にする演技は男性のためではない

■女性は30歳を境にだんだん男性ホルモンが増えるためエロくなってくるということです。 若い時からエロい女は男性ホルモンが多いというわけです。

■セックスはもともとSMプレイである。SEXとは虐める虐められる、攻める我慢する、そのような精神肉体ゲームだと体感できた時、女は常に自在にオーガズムを知るものである。

■セックスで消費するカロリー・プレイ別】
服を脱ぐ10kcal 、キス17kcal、ディープキス65kcal 、フェラチオ30kcal 、騎乗位25kcal 、後背位27kcal、オルガスムス100kcal 。1回のセックスで消費するカロリーは「20分のジョギング」に相当する。

■動物界では交尾の機会が多いモテるオスほどオナニーを多くする傾向にある。

体のセクシーな雑学

■ジェットコースターから手を出した時の感じはおっぱいの感触と同じ

■中指は大昔『恥知らずの指』という名が付けられていた。

■女性は性的に興奮すると唇や耳たぶが赤みを増して膨らむ。それを見て男性は本能的に女性が興奮しているのだと感じる。だから赤い口紅を塗ると男性を性的に興奮させることが出来る。ちなみにこれはメスザルが興奮すると性器が赤く腫れるのと同義である

■胸が小さな女性は女性ホルモンの分泌が少ないから。もし、大きくしたいならバラの香水をつければ良い。バラの香りは女性ホルモンを活発にさせる

海外のセクシーな雑学

■有名アダルト動画サイトXVideosは「エックスビデオズ」ではなく「クロスビデオズ」と読む

■アメリカ人は見栄を張って実際のサイズより大きいサイズのコンドームを買っていく傾向があるらしい。

Hな雑学リンク

エッチな雑学・豆知識 30選

性・恋愛に関する雑学(@zatsugaku_renai)